このブロックは画面サイズによって見た目が変化する特殊なブロックです
※編集・削除ができる項目も画面サイズによって異なります

詳細はヘルプページの「フローティングメニューブロックの編集」をご確認ください

「Shall We Impro?」とは?

インプロバイザー・忍翔と、その日に来たお客さんとの2人きりで作るインプロショーです。

インプロとは即興芝居。その場に生まれた言葉や想像を使い、演じながら物語を作っていくアートです。
そしてこのショーでは、その日初めて出会ったお客さんと共に、言葉と想像を紡いで様々な物語を作っていきます。

僕が大切にしているインプロ哲学は「パートナーにいい時間を与える」です。
なのでパートナーの方には最高の時間をお届けし、見ているお客さんも巻き込んでいきます。

美しいピアノと暖かい明かりに包まれた空間で…Shall We Impro?

前回ゲスト(太田恭子さん)からのコメント

コメントを依頼され改めて自分の感想Twitterを読んでみた。
公演後、尋常で無い興奮と幸せに包まれていた自分を思い出した。
何の稽古も打ち合わせもなく気付けば舞台でライトを浴びお芝居をして、お客様から拍手を頂いていた。
私のやった事は「こうちゃん」という恋人役の忍翔さんのアクションに「みよちゃん」として全力でリアクションしただけ。
心が感じるまま「こうちゃん」と舞台を駆け回り、船に飛び乗り宝探しの冒険、ハイタッチしてハグした。
この日までの知識。インプロ=即興劇だと知った程度。
舞台でダンスや台詞を間違えて「アドリブで何とか誤魔化した」ぐらいしか即興と接したことのなかった私。
即興役者という存在や、即興芝居の舞台がチケット販売し劇場で公演をしていることすら知らなかった。
私は台本芝居の役者をやっているが、インプロは使う脳みそがあまりに違いすぎた。全てが初めて感じる感覚。新鮮すぎた。
即興芝居の経験が無いからお客様の視線を感じながらも何もできない。
何をしていいのかも分からない。だからこそ相手を信じることだけに集中する。あんなに相手を信じ続けたお芝居は初めてだった。
苦しさも恥ずかしさも全く無く、楽しさと嬉しさと幸せ空間に居続けられたのは、プロの凄腕即興役者の忍翔さんの力そのもの。
そして気付けば素敵な作品が出来上がっていたのだ。
集中力の研ぎ澄まされたリスキーな空間で魔法のようにストーリーが展開される中、自分の心や体の動きに合わせてCHIZUEさんのピアノの音が寄り添い、松本永さんの照明が優しく時に斬新に変化し景色が広がっていった。
音も照明も即興。あまりにも贅沢すぎた。
この新世界との衝撃的な出逢いと経験は心深く響き刺さり、私の表現人生のターニングポイントとなったのは言うまでもない。
あの飛び入り参加させて頂いた偶然と奇跡に心から感謝。
2回目のShall We Impro、選ばれたお客様は是非あのミラクル体験を楽しんで欲しいし、観るお客様も一緒に世界を共有してドキドキワクワクして頂きたい。

出演者

忍翔(OSHOW)

即興役者
インプロバイザー(即興役者)、インプロ(即興演劇)&演技指導者、俳優。高校から演劇、大学から英語劇、ミュージカル、インプロを始める。ショーン・キンリー、パティ・スタイルズ、ダン・オーコナー、スティーブ・ジャランド、フィリップ・ゴーリエらからインプロ、マスク、クラウンを学び、国境とジャンルを越えて幅広く活動している。年間50以上のステージと100以上のワークショップを行い、世界標準のインプロを日本に広めるという使命を持つ。国際シアタースポーツ協会アジアメンバー。インプロアカデミー専属講師。

CHIZUE

即興演奏
4歳よりクラッシックピアノを開始。アメリカ留学時、約3000人が参加したコロラド州立vocalオーディションにて99.3ポイントの最高得点で合格。帰国後ソニーミュージック・シンガーソングライター部門最優秀賞受賞。2007,2008年、田中真弓、大塚明夫等、豪華声優陣による朗読公演にて即興ミュージシャンを務める。「空間に流れる一瞬の奇跡」を音にすることの喜びに目覚め、現在シンガーソングライター、即興ミュージシャンとしてレストラン、各種パーティ、イベント、都内中心に活動中。

松本永(Ei Matsumoto)

即興照明
照明家・空間デザイナー。〜あかりをてらすひと〜。東京工業大学理学部卒業。2014年eimatsumoto Co.Ltd.設立。演劇、ミュージカル、日本舞踊などの舞台のみならず、映画、CM、アート、インテリア、モーターショーなど幅広いジャンルにて明かりをデザイン。「見る・見られる関係」の垣根を取り払い「時間を共にする空間づくり」を常に目指している。

次回公演

Shall We Impro? vol.2

日程
2021年11月16日(火)19:30-20:30
※公演後、アフタートークが15分程度あります。
料金

早割 3200円(9月中の予約)
一般 3500円
初めまして割 2000円(限定5枚)
※忍翔と初めましてで、かつインプロ未経験の方が対象です。

感染症対策
・会場は吹き抜けで玄関まで空気が抜けるので、公演中も常に換気の状態を保ちます。
・本来の席数の半数(30席)に限定しています。
・観劇中は皆様にはマスクを着用して頂きます。
・公演終了後は速やかにご退場頂きます。
場所
※下北沢駅から徒歩8分
場所
※下北沢駅から徒歩8分

vol.1感想(Twitterより引用)

  • どこに行くのか分からないドキドキと、これまで散りばめられていた宝石のかけらが形を成した、「あっ!」っていう瞬間の驚きに満ちた1時間でした! 共演なさった方の表現もめっちゃ素敵で引き込まれちゃいました。身体の使い方とか表情とか、本当にその場にいるみたいで。
  • おしょうのビックチャレンジを見届けてきました。 インプロはやはりチャレンジしてこそ意味があると言うことを改めて感じました。 チャレンジの先には奇跡がある! 凄い刺激をもらいました! ありがとうと言いたい!
  • 奇跡の連続のような長編シーンだった! 2人の距離が縮まってくのが魅力的で、2人の世界の旅に引き込まれた。途中のゆうちゃんもスリリングで面白かった。 ピアノと照明も相まって素敵だったなぁ 楽しい時間でした。観にきて良かった。 ありがとうございました!
  • おしょうのビックチャレンジを見届けてきました。 インプロはやはりチャレンジしてこそ意味があると言うことを改めて感じました。 チャレンジの先には奇跡がある! 凄い刺激をもらいました! ありがとうと言いたい!

Silent Impro

この公演の翌週23日(火)に行われる公演です。併せてどうぞ!