このブロックは画面サイズによって見た目が変化する特殊なブロックです
※編集・削除ができる項目も画面サイズによって異なります

詳細はヘルプページの「フローティングメニューブロックの編集」をご確認ください

OSHOW's
Impro
Workshop

インプロとは

インプロとは即興芝居のことです。
台本もあらすじもない、本当に先が分からない未知を、プレイヤーたちはお互いを受け入れあいインスパイアしあいながらストーリーを生み出していきます。
日本ではまだまだマイナーなジャンルですが、欧米ではエンターテイメントの一つとして既に地位を確立しており、世界各地に存在するインプロ専用劇場にて、毎日のようにインプロショーが行われています。
また、インプロは創造性・コミュニケーション・チームビルディングといった観点から教育においても活用されています。アメリカではApple、Pixarといった企業も研修として取り入れています。近年日本においてもその教育的な価値が注目されています。

インプロで学べること

現在世界中で行われているインプロに大きな影響を与えているのが、イギリスの演出家であり「インプロの父」と呼ばれるキース・ジョンストン(Keith Johnstone)です。
そもそもインプロは、俳優が抱えるさまざまな問題を解決するために開発されたものであり、そこからショーとして発展を遂げました。
※残念ながらその思想哲学を引き継がれていないインプロの扱われ方ももたくさんありますが、その話はワークショップ内で笑

キースが俳優に感じた問題点というのは「恐れがあること」です。
失敗しちゃダメだ、うまくやらなきゃ、正しくやるべき、面白くやらねば…、多くの俳優が頭の中で「〜すべき」「〜はダメ」と考え、自らを縛り、抑圧し、不自由になっていたのです。
「自由の反対は恐れである」とキースは言います。そしてその考え方のもとで作られた様々なゲームやエクササイズ、指導法は、そういった恐れから俳優を解放するのにとても役立つものばかりです。

僕はインプロを10年以上指導してきましたが、たった1回きりのワークショップだけでも大きく変わった人をたくさん見てきました。
ベテランの俳優さんから演劇未経験の方まで、幅広い人達にインプロが届くのは、それだけ人間として普遍的な内容を扱っているからだと思います。

インプロは人生と同じです。是非一度その思想哲学を味わいに来てください♪

インプロの先にある「Improvised Theatre(即興演劇)」

あえてインプロとは分けて書いたこの「Improvised Theatre」。
直訳すると「即興演劇」でインプロとほとんど意味は変わらないのですが、より「演劇であること」に特化したものです。

具体的にはロサンゼルスのImpro Theatreが実践する「Full Lenght Impro/Play」。
彼らは1時間から2時間の即興演劇を作るパフォーマンスで、世界中でツアーを行い、演劇賞も受賞している程成功しているチームです。
その作品のテイストは様々で、シェイクスピアやチェーホフなどの有名作家や、ホラーや西部劇などのジャンルものなど、多種多様な作品を即興で見事に演じ切ります。

僕は実際に彼らの指導を1年半受け、その演劇に対する知見の深さや洗練されたトレーニングに驚かされました、
彼らは先述したキースのインプロはもちろん、マイズナーテクニックやマイケル・チェーホフテクニック、ラバンエフォートなど、様々な演劇メソッドを組み合わせ、即興で真実味と物語性を強く持った作品を作るための訓練を日々行なっています。
そこに徹底した作家や作品研究が合わさることで、毎日でも唯一無二の名作を生み出せる程の力になっているのです。

思えばこれまで出会ってきた世界的なインプロバイザー達は、皆それほどの力を持っていました。
今この瞬間の自分、相手、空間を掴みながら、アイデアを発展させ、未知に進みながらも1時間を超える物語を構築し切ることが出来るのです。
だからこそ、世界はインプロを信頼し、熱狂し、そこから数多くの名俳優、名監督が生まれてきているのだと思います。

日本はまだ、インプロ発展途上国であり、まだそこまでのパフォーマンスが出来るプレイヤーと教育の土壌が育っていません。
しかし、世界をこの目で見てきた自分としては、海外への羨望の眼差しだけで自分のインプロ道を終わらせたくはありません。

僕の即興演劇WSは、そのレベルのパフォーマンスを生み出す仲間を作るつもりでやります。
一緒に探求と実践の旅をしましょう!

過去のインプロWS参加者感想ツイート

  • 初めてのインプロ。てかインプロって何⁉︎答えは即興劇なんだけど、それをやるためには自由な発想が許されるという安心感が必要で、それを得ると人はこんなにも飛躍できるのかと体験できてとても楽しかった!
  • めちゃめちゃ楽しかったです!! 自分の中にある常識や考え方が変わりました。 最近いろいろ悩んでいたけど、ちょっとぱぁってなった感じです! うんうん、視界良好!笑 もっと学びたいっ!!
  • インプロというものに苦手意識を持っていた私ですが、いざやってみるとスルッと素直な感情が出てきて、思い込みほど人間の思考に蓋をするものは無いなと改めて実感しました。
  • 個人的に、失敗しても良い場、というのが印象的でした。 ほんとに普段は、取り繕ったり隠したがったり蓋をしたりすることも多いよなとも思うので。
  • インプロに対して「難しい」「苦手」という意識が強かったのですが、ワークショップを受けてガラリと変わりました。 インプロって、楽しい! なんだか心が解放されて、とても清々しい気持ちになりました
  • めちゃめちゃ楽しかったです!! 自分の中にある常識や考え方が変わりました。 最近いろいろ悩んでいたけど、ちょっとぱぁってなった感じです! うんうん、視界良好!笑 もっと学びたいっ!!

過去の即興演劇WS参加者感想ツイート

  • 相手を見て、気づいて、感じて、共有して、その過程で生まれたものに影響されて、あ!私はこうしたいんだ!と思ったら行動する。 影響され(ダメージを受け)た上で、更に相手に影響(ダメージ)を与えに行く。 というのを肌で感じたWS。
  • 何も無いなーって時とか感情に支配されそうな時に相手を見ると、こう、ぶわああって広がる感じがして(語彙力)、するとまた違う感情が生まれて、それに乗っていく。相手がいるだけでプレゼントなんだって改めて実感した!
  • エチュード苦手マンなのでインプロも苦戦するだろうなぁと参加したんですが、全然そんなことはなく、湧き上がる左脳の「これやったらウケるんじゃなかろうか」という思考を抑えながら、とにかく身体の反応するままに演じてきました 楽しかった!
  • 感情や心の動きを感じること、相手と深く向き合うこと。そういう動きを意識するだけで、世界はすこし景色を変えるよな気がします。そして、そういう二人がともにある眺めは、それだけで、なんかいい。とてもいい。
  • 二人の関係性を明らかにしていくために互いに共有する情報の理由とか背景を深ぼっていきつつ、五感で反応しつつ、相手に変化や影響を与えていく… 途方もない話だけど、すっごく惹かれる。
  • 何も無いなーって時とか感情に支配されそうな時に相手を見ると、こう、ぶわああって広がる感じがして(語彙力)、するとまた違う感情が生まれて、それに乗っていく。相手がいるだけでプレゼントなんだって改めて実感した!

忍翔(OSHOW)

インプロバイザー(即興役者)&演技指導者
世界を忍び翔けてインプロのパフォーマンスや公演を行う一方で、人を自由で創造的にするための指導や研修を、年100回以上12年間行っている。世界的インプロバイザーであるショーン・キンリー、パティ・スタイルズ、ダン・オーコナーらに師事し、彼らを日本に繋げるオーガナイザーも務める。インプロ専門学校「インプロアカデミー」専属講師。

ワークショップ紹介

【演劇もしくはインプロ経験者対象!6月開始!】
インバル・ロリの即興演技WS@Zoom
『インプロバイザーのための演技/俳優のための即興演技』

イスラエルのインプロバイザー、インバル・ロリのオンラインWSです。このWSでは「演技」についてフォーカスを当てます。

「私は皆さんが目的、障害、サブテキスト、ビート、変化およびステージ/スクリーンプレゼンスなど、いくつかの強力かつ効果的な演技ツールを探求するための指導をします。モノローグ、ダイアローグ、即興、特に台本を使ったシーンを扱います。グループとしても個人としてもサポートされ、個人的なフィードバックを受けることができるので、献身的で正直、そして勇気を持って即興で演じることができるようになります」
byインバル・ロリ

■受講を薦めたい人
・海外講師のWSに興味がある人
・より質の高い即興演劇に挑戦したい人
・より演技のパフォーマンスを高めたい人

■開催日程
2022年6月21日〜7月26日
毎週火曜20:00〜22:00に全6回開催
※通訳付きます。

■場所
オンライン(Zoom)

■参加費
30000円
※OSHOWの即興演劇WSを受ける人は2000円割引
※6月15日以降のキャンセルは参加費の100%がキャンセル料としてかかります。

■定員
12名
※申し込み締切は6月14日(金)の24:00までです。

■講師
インバル・ロリ

【演劇もしくはインプロ経験者対象!6月開始!】
インバル・ロリの即興演技WS@Zoom
『インプロバイザーのための演技/俳優のための即興演技』

イスラエルのインプロバイザー、インバル・ロリのオンラインWSです。このWSでは「演技」についてフォーカスを当てます。

「私は皆さんが目的、障害、サブテキスト、ビート、変化およびステージ/スクリーンプレゼンスなど、いくつかの強力かつ効果的な演技ツールを探求するための指導をします。モノローグ、ダイアローグ、即興、特に台本を使ったシーンを扱います。グループとしても個人としてもサポートされ、個人的なフィードバックを受けることができるので、献身的で正直、そして勇気を持って即興で演じることができるようになります」
byインバル・ロリ

■受講を薦めたい人
・海外講師のWSに興味がある人
・より質の高い即興演劇に挑戦したい人
・より演技のパフォーマンスを高めたい人

■開催日程
2022年6月21日〜7月26日
毎週火曜20:00〜22:00に全6回開催
※通訳付きます。

■場所
オンライン(Zoom)

■参加費
30000円
※OSHOWの即興演劇WSを受ける人は2000円割引
※6月15日以降のキャンセルは参加費の100%がキャンセル料としてかかります。

■定員
12名
※申し込み締切は6月14日(金)の24:00までです。

■講師
インバル・ロリ

お問い合わせフォーム

インプロワークショップに関するお問い合わせはこちらから
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信したメールアドレスでお知らせ配信に登録する
送信

実際のスライダーの動きは、プレビュー/公開ページでご確認ください