このブロックは画面サイズによって見た目が変化する特殊なブロックです
※編集・削除ができる項目も画面サイズによって異なります

詳細はヘルプページの「フローティングメニューブロックの編集」をご確認ください

OSHOW's
Clown
Workshop

クラウンとは

クラウンとは道化のことです。
日本では赤鼻を付けたピエロという存在が有名ですが、あれはクラウンというジャンルのほんの一部です。チャップリンにとってのチャーリー、ロワート・アトキンソンにとってのMr.ビーンも実はクラウンなのです。

クラウンの本質は「笑われる自分」です。
自分が持っている弱さ、醜さ、愚かさであり、誰しもがそれぞれのクラウンを持っていますが、普段の自分がそれを隠しています。
その普段の自分とは「カッコつけの自分」です。
とても大人で、社会的で、負けず嫌いな自分は、人に笑われないように、恥ずかしくないように、偽り、繕い、隠して生きていこうとします。

ですが、舞台上ではそういう自分はお呼びではないのです。

演劇の世界のキャラクターは、皆弱く、醜く、愚かです。
お客さんは人の本質を観て、共感して、笑ったり泣いたりしたいのです。

クラウンで学べること

クラウンのワークはとてもシンプルです。

まず、世界最小のマスクと言われる「赤鼻」を付けます。
そして、お客さんの前に出て、お客さんのウケを取ります。
これだけです。

ここで誤解して欲しくないのは、「お笑い」「コメディ」ではないということです。
面白おかしいことをやることがクラウンではありません。むしろその逆です。

「逆?」と思うかもしれませんが、実はお客さんはつまらないことをやった時の方が笑います。
正確にいうと、つまらないことをして、失敗した姿を晒すと、笑う。
つまりクラウンにとって大切なのは、失敗をすることと、それをオープンにすることなのです。
なぜなら、失敗した時の自分は、皆弱く、醜く、愚かだからです。

しかし、先述した「カッコつけの自分」が舞台に出てる時はこれが出来ません。
なんとか自分を繕い、偽り、誤魔化し、面白い、強い、カッコいい自分でいようとする。
そんな人を、残念ながらお客さんは好きにはなりませんし、笑いません。

お客さんに笑われるためには、その「カッコつけの自分」を脱ぎ捨てる必要があります。
これはとても怖いことです。せっかく人に見せないようにしていた自分を見せなきゃいけないわけですから。
でもその鎧を脱いだ中に、その人の本当の魅力があるのです。
そして、その魅力こそが、舞台上で輝くものであり、キャラクターの本質と繋がるものなのです。

僕はこれこそが、舞台での在り方の原点だと思います。
鎧の上に服を着たってぎこちないだけです。ありのままの自分で舞台に立ってみる。

そんな体験と実感が出来る、唯一無二のワークショップです。

過去参加者感想ツイート

  • えげつなく怖くてえげつなく楽しくてえげつなく幸せやった 。お客さんと影響を与えあってる感覚を初めてこんなに強く感じた。一人でお客さんの前に立つワークをやった時に2人芝居でもこんなに相手から影響受けたことなかったなってくらい影響を受けた。
  • 普段からも辛いとか困ったとか怖いとかを隠してしまうことが多々あって、でも今回のワークの時はそれを受け入れてその形のまんま表に出せて、驚くくらい自分をさらけだせた。途中から涙が止まらんくてでもお客さんをずっと感じてて、始めは怖さを感じていた皆さんから優しさをひたすらに感じて大好きになってて幸せで、始めはあんなに怖かったこの舞台に永遠に立っていたいと思った。
  • 精神的リスク(恥や怖さ不安)を自ら取りに行くことで、人からこう見られたいこうあらねばって内に隠してた自分と向き合うことになり、だけどそこが実はみんなから愛される自分の最大の魅力だった事を知る、、目から鱗な時間でした
  • 自分が恥ずかしいと思ってる部分も 実は愛されポイントだし 誰かにとっては愛しく感じる どんどん失敗すること どんな状態の自分も受け入れること 相手との共通点を探すこと 2日間それぞれのWSの中で 通じることが沢山あって 学びの宝庫だった
  • 稽古場が世界で一番安全な場所だって身体に染みた最高に自由な時間 リスクを取りに行く事で受けるダメージも全部使ってその場を生きる、と言う事がこんなにダイレクトに体験できるのも中々ないなって…! かけてくれる言葉の一つ一つが素敵
  • 普段からも辛いとか困ったとか怖いとかを隠してしまうことが多々あって、でも今回のワークの時はそれを受け入れてその形のまんま表に出せて、驚くくらい自分をさらけだせた。途中から涙が止まらんくてでもお客さんをずっと感じてて、始めは怖さを感じていた皆さんから優しさをひたすらに感じて大好きになってて幸せで、始めはあんなに怖かったこの舞台に永遠に立っていたいと思った。

忍翔(OSHOW)

インプロバイザー(即興役者)&演技指導者
世界を忍び翔けてインプロのパフォーマンスや公演を行う一方で、人を自由で創造的にするための指導や研修を、年100回以上12年間行っている。クラウンはフィリップ・ゴーリエ、ペタ・リリー、ジョン・デビソンなどの世界的指導者達から直接学び、自らのインプロのキャリアと合わせてオリジナルのワークを構築している。インプロ専門学校「インプロアカデミー」専属講師。

ワークショップ紹介

【いつでも誰でも参加可!】クラウン塾

偽りの自分や去勢を張る「カッコつけの自分」を取り払い、無防備になった瞬間、その人の元にクラウンがやってきます。そしてそれを両手広げて受け入れた瞬間、その人自身が魅力的に輝くのです。
人と繋がるとはどういうことか、愛されるとはどういうことか、その在り方とは何かを探求します。

■日程
2022年
【4月】
21木 10:00-13:00
26火 14:00-17:00

■稽古場
都内施設(豊島区、中野区、杉並区周辺)

■参加費
【単発】
一般 3500円/回
U25 3000円/回
※初めてクラウンワークを受ける人は最初の1回のみ2000円でご案内します!

月2回以上参加の人は2回目以降の料金が500円ずつ下がります。
↓↓↓
【月2回】
一般 6500円(3500+3000)
U25 5500円(3000+2500)
【月3回】
一般 9000円(6500+2500)
U25 7500円(5500+2000)
【月4回】
一般 11000円(9000+2000)
U25 9000円(7500+1500)

■定員
10名(先着順)
※最少催行人数6名

■キャンセルポリシー
参加連絡後のキャンセルは3日前までにお願いします。以降はキャンセル料全額が原則としてかかってしまいます。

【誰でも参加可!】
OSHOWの2日間集中クラウンWS
『偽りの自分を破り、ありのままの自分の魅力に出会う』

クラウンのワークショップを2日間やります。
偽りの自分や去勢を張る「カッコつけの自分」を取り払い、無防備になった瞬間、その人の元にクラウンがやってきます。そしてそれを両手広げて受け入れた瞬間、その人自身が魅力的に輝くのです。
人と繋がるとはどういうことか、愛されるとはどういうことか、その在り方とは何かを探求します。
クラウンについての詳細はこちらから。

■受講を薦めたい人
・自分の殻を破りたい人
・舞台上での恐れや緊張を取り除きたい人
・舞台上で自由で創造的になりたい人

■開催日程
2022年
4月9日(土)〜10日(日)
1日目 13:00〜17:00
2日目 10:00〜17:00 ※途中1時間休憩あり

■場所
都内近郊施設(豊島区、中野区、杉並区あたり)

■参加費
【両日】
一般 14000円
U25 12000円
【単日】
◉9日のみ
一般:6000円
U25:5000円
◉10日のみ(クラウン経験者限定)
一般:9000円
U25:8000円

※4月3日以降のキャンセルは参加費の100%がキャンセル料としてかかります。ただしPCR検査陽性判定や、当人が濃厚接触者であることが発覚した場合は、キャンセル料はかかりません。
※単日での参加を希望の方は、備考にお書きください。

■定員
10名

お問い合わせフォーム

インプロワークショップに関するお問い合わせはこちらから
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信したメールアドレスでお知らせ配信に登録する
送信

実際のスライダーの動きは、プレビュー/公開ページでご確認ください