実際のスライダーの動きは、プレビュー/公開ページでご確認ください

Profile

OSHOW
忍翔
即興役者&脚本役者&演技指導者

■即興役者として
大学生の頃、今井純と出会ったことをきっかけにインプロを始め、日本初の学生インプロ団体「劇団しおむすび」や、団体や事務所の垣根を越えたインプロチーム「セカンドサークル」など数々のチームを結成し、インプロショーの企画、出演を積極的に行う。
2015年にミラノで開催された国際インプロフェスティバル「MITICO」への参加をきっかけに、インプロの国際組織「International Theatresports Institute(iTi)」のメンバー(日本人で2人目)となる。
その後、ドバイでの国際インプロフェス「Arabian Nights」、ロサンゼルスの「Impro Theatre」やカルガリーの「Loose Moose Theatre」のサマーインテンシブに参加。パティ・スタイルズ、ショーン・キンリー、ジョー・ビル、インバル・ロリ、フェリペ・オーティズ、デレク・フローレス、ダン・オーコナー、デニス・ケイヒルら、世界的インプロバイザー達から世界最先端のインプロを学ぶ。
これまで上演してきた即興芝居は、大小合わせて500ステージ以上。

■脚本役者として
高校から演劇を始め、大学からはハリウッド・キャスティングディレクターの奈良橋陽子が会長を務めるMLSにて全編英語のシェイクスピア作品やブロードウェイミュージカルに数多く出演。主な出演作は「Once On This Island」「Midnight Summer Dream」「Our Town」「Young Forever」「MOMO」「Winter's Tale」「Into The Woods」など。
その他、もんもちプロジェクトにて「むだに過ごした時の島」の探検隊隊長、「歌わせたい男たち」の与田校長、「邯鄲」の老国主と秘書(再演時)、tptにて「エンジェルズ・イン・アメリカ」のベリーズ、音楽家の伊藤靖浩が主宰する「一人芝居ミュージカル短編集vol.2」のエスコフィエ(オリジナルキャスト)、Sweet Arrow Theatricalsでは「You're a Good Man, Charlie Brown」の英語版チャーリー・ブラウン、ハンブルク・ドイツ劇場所属の原サチコが演出したボン・パークの日本初演作品「ハート泥棒」のフランツ、アマリアを務める。

■演技指導者として
指導歴12年。先述したインプロの他には、ボビー中西からマイズナーテクニックを、フィリップ・ゴーリエ、フィリップ・エマール、ペタ・リリー、ジョン・デビソン、スティーブ・ジャランドらからクラウン、マスクを学び、イギリスのナショナルシアターの演出家であるマイク・アルフレッズから戯曲分析とキャラクタリゼーションの方法と実践を学ぶ。
2021年から俳優指導者ゼミ1期生として、木村早智と池内美奈子から俳優指導者としての指南を受ける。
現在は、様々な演劇トレーニングを総合し【恐れを取り除き、自由で創造的になる】ための指導を年100回以上行っている。

・インプロの国際組織「International Theatresports Institute(iTi)」アジアメンバー
・インプロ専門学校「インプロアカデミー」専属講師
・インプロ研修専門会社「(株)フィアレス」提携講師
このブロックは画面サイズによって見た目が変化する特殊なブロックです
※編集・削除ができる項目も画面サイズによって異なります

詳細はヘルプページの「フローティングメニューブロックの編集」をご確認ください

Workshop/Show

恐れを取り除き、自由で創造的になる

『自由の反対は、恐れである』 by キース・ジョンストン

僕たちの頭の中には「うまくやらなきゃ」「正しくやらなきゃ」「ちゃんとやらなきゃ」「面白くなきゃ」「売れなきゃ」…といった恐れが渦巻いています。
その恐れが大きければ大きい程、その人は自由さを失ってしまうのです。

そして僕は、俳優のほとんどが恐れを感じていると思うのです。

観客を恐れ、演出家を恐れ、無知であることを恐れ、無能であることを恐れている。
それによって嘘をつき、誤魔化し、虚勢を張る事で、本来の自分の持っている創造性、魅力、表現力を大いに発揮出来ないでいる。
そういった現状を変えたいと思って、俳優指導に日々勤しんでいます。

僕はこれまで、世界の様々な演劇と出会ってきました。
その中でも、インプロ、クラウン、マスクとの出会いは僕の演劇人生を大きく変えてくれました。
インプロと出会い、失敗すること、衝動的に反応し行動することへの恐れと友達になり、
クラウンと出会い、人前に立つこと、人を愛し愛されることへの恐れと友達になり、
マスクと出会い、自然体でいること、ありのままの身体で舞台に立つことへの恐れと友達になる。

僕は自分の指導によって、何か特別な技術を身につけて欲しいとは思いません。
むしろ、一人一人に本来備わっている創造性や魅力を発見し、それが表に出てくる手助けをしたいと思っています。
◆誰でも参加出来るワークショップ◆

インプロのシーンがうまくなる講座(オンライン)
僕はコツとかテクニックといった言葉が好きじゃないのですが、今回はあえてそういうもの「だけ」をお話ししようと思います。
これを聞いて上っ面だけの表現者になるか、ご自身のパフォーマンスの血肉となるかは、その人次第でしょう。
【日程】
7月1日(金)21:00-22:00(見逃し視聴出来ます)
【場所】
Zoom
【料金】
1500円

■忍翔×松本永 〜即興×芝居×照明WS〜
即興による照明と芝居を合わせて学ぶことの出来るWSです。
空間や人物から得られるイメージを、演技や光を通して表現していきます。
【日程】
7月23(土)-24日(日)
23(土) 18:00-22:00
24(日) 10:00-17:00
※24(日)の夜に発表会をやります。
【場所】
高円寺K'sスタジオ
【料金】
参加:15000円(両日必須)
見学:1日目 3000円/2日目 5000円


◆演技経験者向けのワークショップ◆

■トランスマスクWS 〜役への変身〜
アフリカのシャーマニズム儀式を参考にし、声を使うことでマスクそのものになっていく手法です。
マスクを通して、普段の自分とは全く違う声、身体になるため、まさに「役に変身する」体験をすることが出来ます。
【日程】
6月29(水) 10:00-17:00
【場所】
i Rego Garage(荻窪)
【料金】
10000円

Request

個人・ペアレッスン

インプロ、マスク、戯曲分析やオーディション対策など、様々な目的に応じた個人・ペアレッスンを行っています。

●個人レッスン
60分10000円(初回お試し60分6000円)
即興一人芝居、モノローグ、マスク、戯曲分析、ライフコーチなど
●ペアレッスン
90分15000円(初回お試し60分6000円)
※60分×6回セットで60000円のプランもあります。
即興二人芝居、シーンワークなど

※場所代と交通費は別です。
※オンラインでも対応しております。
※学生さんなどの若い人には、特に安価でお受けしています。逆に余裕がある方からはそれなりに頂いています。

出張指導・WS

演劇未経験者からプロの劇団まで、幅広い層に向けてレッスンやワークショップを行っています。オンライン、オフライン問わず対応出来ます。

●基本料金
10000円/時間
1回3時間から(オンラインなら2時間から)お受けしています。
内容や回数に応じて、いくらか割引も行っています。

※場所代と交通費は別です。
※学生さんなどの若い人には、特に安価でお受けしています。逆に余裕がある方からはそれなりに頂いています。
※企業研修に関しましては「フィアレス」というインプロ研修専門の会社を通してお受けしています。詳しくはそちらまで。

Contact

フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信したメールアドレスでお知らせ配信に登録する
送信